考える(循環)2017年04月30日 17:44

池田晶子さんの「人生のほんとう」という本を読み始めているのだが、
興味深い箇所があった。

- 引用 -
当たり前だと思い込んでいたことが、なぜ当たり前なのかを考える。
考えるとは自覚するということです。考えて理解すると、
「ああ、なんだ、だから当たり前なんだ」と納得出来る。
つまり、一回りして、また元に戻ってくるわけです。
すると同じ当たり前が、当たり前として自覚出来る。
こういう自覚の構造ができあがるわけで、
これが当たり前を生きることの強さです。
(池田晶子 「人生のほんとう」 18ページ)

<繰り返し考える> は、3 と読める。
納得して一回りして戻ってくる。
<当たり前が自覚できる> は、5 αでありωであるとも読める。

あと、357 -> 6 で、
6は智性、循環、自力

考えることを繰り返して(3)、自覚する(5)は、循環(357)の中に在る
ような感じがしている。
ただの繰り返し(3)は循環ではなく、
戻ってきて自覚する(5)ことによって
循環(357)していくのかもしれない。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
宇宙暦の窓の数は?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://fulcanelli.asablo.jp/blog/2017/04/30/8507499/tb